この木なんの木、草野仁が明かした驚愕の維持費用のアイキャッチ画像

この木なんの木、草野仁が明かした驚愕の維持費用

先日放送された関西のテレビ番組の中で、ニュースキャスターの草野仁が日立の樹として知られる大樹の維持費を発表した。

ハワイプレス編集部6,892

2016 11.06

記事一覧を見る

この木なんの木、草野仁が明かした驚愕の維持費用

今月4日に放送された関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」にゲスト出演したニュースキャスターの草野仁。放送では、自身が司会を務めるTBS系列のクイズ番組「世界ふしぎ発見!」の裏話を語った。

番組の中で、世界ふしぎ発見の単独スポンサーである日立グループのCMに登場する「日立の樹」について話が及ぶと、日立と土地所有者との間で、撮影権などを含めた契約を交わしていることを明かし、その管理に毎年約5000万円かかることを明かした。

あまりの高額な管理費用にスタジオがざわめく中、草野は「日本中の人がこの木なんの木を、”日立の樹”ということで知るようになった。そういう長い見通しを持ってやっている。」と続け、「(日立は)今でも、(年間約5000万円の維持管理費用を)ずっと払い続けている。」と語った。

日立の樹として知られる大樹は、ハワイのモアナルア・ガーデンパークにある。維持管理費用が高額になり、最近ではギフトショップをオープンしたほか、入場料も徴収するなどして、その管理費用をまかなっていた。

たとえハワイにあるということを知らなくても、日本人であるならば、日立の樹と聞くだけであの有名な歌とともに、大きなモンキーポッドをイメージできるだろう。

現在のテレビCM:日立の樹オンライン
hitachi-cm

関連記事

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -