ハイドロフラスクが日本上陸、日本国内で販売を開始のアイキャッチ画像

ハイドロフラスクが日本上陸、日本国内で販売を開始

ハワイを含めアメリカやヨーロッパなど、世界中で人気のボトルブランドのハイドロフラスクが日本初上陸。国内取扱店舗で販売を開始した。

ハワイプレス編集部10,456

2017 03.07

記事一覧を見る

ハイドロフラスクが日本上陸、日本国内で販売を開始

アメリカの大人気ボトルブランド、ハイドロフラスクがついに日本上陸。

ハイドロフラスクは2009年に設立され、全断熱ボトルラインナップを初めて市場に投入。お洒落で機能性の高いボトルの人気は徐々に広まり、2011年までに売上高は100万ドルを突破。その後、ビール市場に目を向け、史上初の断熱グラウラー(ビールボトル)を発売。現在は4つのカテゴリーの100種類以上の製品を提供。

ハワイで流行中!アメリカのボトルブランド、ハイドロフラスク

ハワイでは、ローカルの人たちが、ハイドロフラスクの穴の空いた部分に指を引っかけ歩いているシーンが時々みられる。車で移動する事が多い人にとっても、倒れてもこぼれないので助手席にポンと投げても安心。

ボトル最大の特徴である二重壁断熱構造はどんな状況でも温度を保つことができる。冷たい飲み物は最大24時間冷たいままで、温かい飲み物は最大6時間湯気が出る状態を保つ。

ヨーロッパに進出した2015年から2年後の今年、ついに日本に初上陸。

ボトルを含めた各アイテムは日本公式サイトのオンラインショップで購入できるほか、日本国内の取扱店舗にて発売を開始した。

なお、日本国内の取扱店舗については、ハイドロフラスクの公式フェイスブックページで紹介している。

公式サイト:hydroflask.co.jp、フェイスブックページ:facebook.com/Hydroflask.jp

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -