ウクレレピクニック2017、カカアコゲートウェイパークで開催のアイキャッチ画像

ウクレレピクニック2017、カカアコゲートウェイパークで開催

毎年世界中から5,000人以上が集まる音楽イベントのウクレレピクニックが、第9となる今年もハワイで開催される。

ハワイプレス編集部1,106

2017 01.25

記事一覧を見る

ウクレレピクニック2017、カカアコゲートウェイパークで開催

ウクレレピクニック・イン・ハワイが、2017年2月12日(日) 午前9時より日没まで、カカアコ・マカイ・ゲートウェイ・パークにて開催される。

ウクレレピクニック・イン・ハワイは、毎年世界中から5,000人以上の音楽愛好家がハワイに集まり、ウクレレへの知識を深め、ウクレレと音楽をまるでピクニックするように楽しむイベントで、今年で第9回目となる。

ウクレレピクニック2017、カカアコゲートウェイパークで開催

現在のところ、ハワイからはオータサン、シスター・ロビ、ブライアン・トレンティーノ、ハーブオオタジュニア、タイマネ、カレイ・ガミアオ、ジョディ・カミサト、ホノカ&アジータ、ドクター・トレイ(ワークショップ)の出演、日本からはサザンオールスターズのベーシストの関口和之、勝誠二、岡田央、分山貴美子、キヨシ小林、Keikoの出演が決定。

また、スペシャルゲストとして、日本から「バラが咲いた」のヒット曲で有名なマイク眞木も出演予定。マイク眞木は、ウクレレピクニック前日にハワイ語で「バラが咲いた」(訳: クウイポ・クムカヒ、編曲: ネイサン・アヴェアウ)をアラモアナ・スタジオでレコーディング、ウクレレピクニック当日は、日本からのツアー参加者のウクレレの演奏と一緒に素敵な歌声を聴かせてくれる。

今年のウクレレピクニックでは、昨年ウクレレを授与された子供たちもステージで演奏して、日頃の練習の成果を見せてくれる予定。そして、昨年と同様、100本のウクレレを地元の子供たちに寄付する「100本ウクレレ」もおこなう。

UkesHALE_

今年はワイキキから会場までの無料送迎バスの本数も増えるので、ワイキキからも気軽に立ち寄ることができる。なお、カカアコ・マカイ・ゲートウェイ・パークには、隣接する駐車場も併設している。

ウクレレのワークショップやウクレレが当たる抽選会、そしてフラやハワイアンクラフトのワークショップのほか、ハワイの有名ウクレレメーカーのブースやハワイのクラフトやフードのブースもあり、家族みんなで一日中楽しむことができる。

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -