ハワイの元気寿司に営業停止命令、A型肝炎流行の原因は冷凍ホタテのアイキャッチ画像

ハワイの元気寿司に営業停止命令、A型肝炎流行の原因は冷凍ホタテ

保健当局は昨日、流行中のA型肝炎は元気寿司の提供した冷凍ホタテが原因であったと発表し、営業停止を命令した。

ハワイプレス編集部3,508

2016 08.17

記事一覧を見る

ハワイの元気寿司に営業停止命令、A型肝炎流行の原因は冷凍ホタテ

保健当局は、ハワイで流行中のA型肝炎の原因が冷凍ホタテによるものだったと決定し、提供したオアフ島とカウアイ島にある元気寿司すべての店舗に即時営業停止の命令を通達した。

元気寿司は現在、オアフ島に10店舗、カウアイ島に1店舗を持つ。

genkisushi

保健当局は、「A型肝炎流行の原因は、生で提供されていた輸入冷凍ホタテであるとし、通達を受けた夜から営業を停止し、さらなる感染の拡大を防いでいる」と発表した。

これまで168人の感染が確認されており、そのほとんどはオアフ島で、過去20年でも最悪のA型肝炎の発症数である。

なお、元気寿司の営業再開の目処は未定である。

参考: Genki Sushi’s scallops are source of hepatitis A outbreak, state says

関連記事

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -