ユニクロがハワイに初出店、オアフ島・アラモアナセンター内に秋オープンのアイキャッチ画像

ユニクロがハワイに初出店、オアフ島・アラモアナセンター内に秋オープン

ユニクロは2018年秋、ハワイ初上陸となる「ユニクロ・アラモアナ」店を、オアフ島のアラモアナセンター内にオープンする。また、1号店のオープンに先駆けて、6月に同施設内にポップアップストアをオープンする。

ハワイプレス編集部3,632

2018 03.17

記事一覧を見る

ユニクロがハワイに初出店、オアフ島・アラモアナセンター内に秋オープン

ユニクロ アラモアナ店がオープン

ユニクロは2018年秋、ハワイ初の店舗「ユニクロ アラモアナ」店を、オアフ島のアラモアナセンター内にオープンする。同施設は、地元の方だけでなく世界各国から多くの観光客が訪れる、米国でも有数のショッピングセンター。2フロア(地上2、3階)に渡る約485坪の店内では、メンズ、ウィメンズ、キッズの商品を展開。

LifeWearというコンセプトに基づいたユニクロの服は、シンプルで、上質で、長く使えるという日本の価値観に、時代の新しい息吹を取り込んで作られている。人々の生活に根ざし、日常をより快適にするために、絶え間ない改良を重ね、ハワイのお客様の生活にも欠かせないLifeWearとなるよう、取り組む。

ユニクロハワイCEOの桑原尚郎は「日本人がハワイに移民して150周年の節目となる今年、アラモアナセンターというハワイを代表する商業施設に出店できることを大変光栄に思います。ユニクロが大切にするLifeWearのコンセプトがハワイの人々に受け入れられ、その生活の一部になることを願います。また、ハワイは、世界中から観光客が訪れる世界屈指のリゾート地であり、世界中のお客様にユニクロを知って頂くきっかけになってほしい、と思っています。」とコメントしている。

ユニクロ アラモアナ店の内観(予定)

なお、1号店のオープンに先駆けて、6月に同施設内にポップアップストアをオープンする予定。1号店の店舗概要は以下の通り。

店舗名: ユニクロ アラモアナ店、住所: 1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814 (Ewa Wing 2F、3F)、売場面積: 485坪、オープン時期: 2018年秋予定

 ユニクロ アラモアナ店の情報は、uniqlo.com まで。

ユニクロ LifeWearについて

ユニクロの LifeWearは、シンプルで、上質で、長く使えるという日本の価値観をもとに、時代の新しい息吹を吹き込んで作られています。だからこそユニクロの服は、着る人の個性を形作る部品になれる、と信じています。私たちは、あなたの日常をより快適にするために、さらに暖かく、さらに軽やかで、よいデザインへの、イノベーションを起こし続けます。

ユニクロおよびファーストリテイリングについて

ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、ユニクロの他にComptoir des Cotonniers、GU、Helmut Lang、J Brand、Princess tam・tam、Theoryの各ブランドがあり、デザインから製造、販売までを一貫して行う。2017年度(2017年8月31日まで)の国内外での売上は、約1兆8619億円(約168.7億ドル、2017年8月末のレート、$1=110.4円で計算)を記録し、世界でも有数のアパレル企業に成長しました。特にユニクロは日本を代表するアパレル製造販売専門店となった。

ユニクロはグローバルブランドを目指し、世界各地に大規模店舗を次々と展開。現在では、19の地域(日本、オーストラリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ロシア、シンガポール、韓国、スペイン、台湾、タイ、イギリスおよびアメリカ合衆国)に1,900以上の店舗を展開。2010年9月には、バングラデシュで地域の社会課題解決とともに、経済の発展に資することを目的とした合弁会社「グラミンユニクロ」を設立し、現在はダッカにて十数店舗を営業。

ユニクロは高品質でカジュアルなアパレルの企画からデザイン、生産、販売までのプロセスを一貫して行うビジネスモデルに基づき、本当に素晴らしい服とは非常に快適で、ベーシックかつ良質、着る人皆にフィットするものであると信じ、「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」というステートメントのもと、ファーストリテイリングはすべての人々の生活をより良いものにするような、新しくユニークな価値観とともに、よりよいものづくりに注力。

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -