アメリカで唯一の王族の公邸、イオラニ宮殿でハワイの悲しい歴史を知るのアイキャッチ画像

アメリカで唯一の王族の公邸、イオラニ宮殿でハワイの悲しい歴史を知る

1880年代にハワイ王国の第7代のカラカウア王により建てられたイオラニ宮殿は、ハワイの政治・文化の中枢として機能。1893年のクーデターによるハワイ王朝崩壊までの悲しい歴史に迫る。

ハワイプレス編集部14,993

2016 10.07

記事一覧を見る

アメリカで唯一の王族の公邸、イオラニ宮殿でハワイの悲しい歴史を知る

ハワイの歴史

サトウキビ園で財を成した白人勢力が、ハワイの奪還を企て1887年に「共和制化」を求めるクーデターを引き起こした。

白人勢力はこれを「革命」と称した──。

しかし、実業家たちが「革命」と呼ぶクーデターの実態は、国王は議会の承認なしに政治に関与できない、ハワイアン・アジア人には選挙権が与えられない等、”ハワイ王国の乗っ取り”そのものだった。

当時の国王リリウオカラニ女王は、心から愛するハワイアンにも選挙権を与えるべく憲法改正を試みるが、逆にこの抵抗が白人勢力に勢いをつけさせ、1894年ついに白人勢力が臨時政府を樹立。

翌1895年1月6日、王政派が反乱を起こすが、数日の銃撃戦の後、新政府軍に鎮圧された。

その数日後、リリウオカラニの私邸やイオラニ宮殿の庭からたくさんの銃器が見つかったとして、彼女は反乱の首謀者の濡れ衣を着せられ、ここイオラニ宮殿で軟禁された──。

リリウオカラニ女王

n-QUEEN-LILIUOKALANI-large570

huffingtonpost.com

1月22日、反乱で捕らえられた約200人のハワイアンの命と引き換えに、リリウオカラニは女王廃位の署名をし、ハワイ王国は滅亡した。

軟禁されていた部屋は窓も覆われ、リリウオカラニの外部との接触を断たれた孤独な生活は約8ヶ月も続いた。──この時、世界的名曲「アロハ・オエ」が、音楽が好きだったリリウオカラニによって作られた。

1917年にリリウオカラニが79歳で亡くなった。そして、彼女の死から42年後の1959年8月21日、50番目の州としてハワイ州が成立。

ハワイは完全な米国領となり、ハワイ住民はすべてアメリカ合衆国の国民となった。

ハワイを知る上で欠かせない歴史的建造物のイオラニ宮殿。その建物が物語る壮絶な歴史は少し悲しいものである。ハワイという国、そしてそこに住むハワイアンを愛した最後の国王リリウオカラニ女王の精神はこれからも語り継がれていくことだろう。

Iolani Palace364 S King St, Honolulu, HI 96813

関連記事

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -