ティファニーがロイヤル・ハワイアン・センターに新店舗をオープンのアイキャッチ画像

ティファニーがロイヤル・ハワイアン・センターに新店舗をオープン

ティファニーが、ハワイ州ワイキキの中心に位置するショッピングセンター、ロイヤル・ハワイアン・センター内に新店舗をオープンした。

ハワイプレス編集部1,689

2018 08.19

記事一覧を見る

ティファニーがロイヤル・ハワイアン・センターに新店舗をオープン

ティファニーが、ハワイ州ワイキキの中心に位置するショッピングセンター、ロイヤル・ハワイアン・センター内に新店舗をオープンした。6月19日(火)にオープンしたこの店舗は、モダンかつラグジュアリーな雰囲気のなか、ダイヤモンドのように輝く体験をお客様に提供する。

カラカウア通りとルアーズ通りの角に位置するロイヤル・ハワイアン・センター内の新店舗オープンに伴い、今までワイキキ店として営業していたラグジュアリー・ロウの店舗は、閉店した。1992年アラモアナセンターに第一号店をオープンしたティファニーは、現在ではハワイ州に4店舗を展開。

アメリカ本社でグループ・ヴァイスプレジデントを務めるAlexandra Winokur氏は、「26年前にハワイ州へ進出して以来、ティファニーはハワイの皆さまから格別なご愛顧を賜っております。ラグジュアリー・ロウの店舗については、慎重に検討した結果、活気あふれるロイヤル・ハワイアン・センターへの移転が決定しました」と語った。

3つのフロアを擁する新しい店舗は、7000平方フィート(約650平方メートル)もの広々とした空間で、ハワイ州内のティファニーでは最大の売り場面積を誇る。売り場面積を広く設計することにより、豊富なコレクションを揃え、お客様にはゆったりと寛ぎながらショッピングをお楽しみいただける。内装にはハワイからインスピレーションを受けたデザイン要素やカラーパレットが取り込まれており、ジュエリーコレクションや充実したエンゲージリング、マリッジリングのセクションに加え、プライベート・セールス・セクション、ラナイ(バルコニー)も。

さらにロイヤル・ハワイアン・センターの店舗では、ティファニーのチーフ・アーティスティック・オフィサー、リード・クラッコフが手がける「ティファニー ペーパー フラワー」コレクションが日本に先駆けて発売されるほか、ジャン・シュランバージェによる名作の数々、エルサ・ペレッティやパロマ・ピカソなど人気デザイナーの作品、ティファニー T、ティファニー ハードウェア、ティファニー バウ、ティファニー インフィニティーなどの魅力的なコレクションが一堂にそろう。

ティファニーについて

1837年にニューヨーク州で創業したテイファニーは、世界を代表するプレミアジュエラー及びデザインハウス。豊かな伝統とストーリーを持つアイコニックなブランドとして、ティファニーはラグジュアリージュエリーとアクセサリーの生産と小売を世界中で展開しており、現在は20以上の国で300以上の店舗を運営。

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -