ハワイのベストロコモコ!のアイキャッチ画像

ハワイのベストロコモコ!

2017年「111-Hawaii Award」でベストロコモコに選ばれたアロハテーブルのロコモコをご紹介。

ドルフィン&ユー2,233

2017 11.21

記事一覧を見る

ハワイのベストロコモコ!

アロハ〜、アンドユークリエーションズ(ドルフィン&ユー)のスタッフのゆいです。

今年から始まった「111-Hawaii Award」(ワン・ワン・ワン ハワイ アワード)で「ドルフィン&ユー 野生のイルカと泳ぐツアー」がハワイのベストオプショナつツアーに選ばれたという嬉しいニュースを先日ブログに書かせていただきましたが、これから、他のジャンヌでベストをとったお店を少しづつ紹介していこうと思います。

ということで、今日は、ベストロコモコ!ハワイの人気ローカルフードと言えば、ロコモコですよね!では、ちょっとロコモコの誕生についてのお話を書きます。1949年にハワイ島のヒロで、日経のイノウエさんが「リンカーングリル」というレストランをやっていました。このお店は、たくさんの若者で賑わうようになりました。ある日、お金のなかった高校生に、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せて、上からグレービーをかけるという丼物を若者に出してあげました。

数日後、この若者がお店に戻ってきて、この料理に「ロコモコ」という名前をつけたと報告しにやってきました。それが「ロコモコ」の始まりでした。

どうして「ロコモコ」とつけたのかは、定かではないのですが、この若者が、クレイジー(いかれた人)というニックネームで、クレイジーは、ハワイ語で「ロコ」と言うのだそうです。そして「モコ」は、ハワイ語で混ざるという意味。そんな感じでつけられたのではないかと言われています。

こんなことがきっかけで、今や「ロコモコ」は、ハワイの名物料理になりました。人生、何がどうなるかわかりませんね。

前おきが長くなりましたが、2017年ベストロコモコに選ばれた「ロコモコ」を食べに「Aloha Table」(アロハテーブル)に行ってきました。

アロハテーブルは、ワイキキショッピングプラザの裏のちょっと奥まった路地にあります。

ありました。ベストロコモコのポスター!

アロハテーブルでは、ローカルフードを始め、いろいろな料理が楽しめます。

まずは、サラダからいただきました。たくさん具材ののったコブサラダ。大きいサイズを頼むとこれだけでお腹がいっぱいになっちゃいます。

ここ、ガーリックシュリンプも美味しいんですよ。カリカリになったガーリックのみじん切りがかかってて、ちょっと他のお店と違った感じで楽しめます。

そして、こちらが2017年ハワイのベストロコモコに選ばれた「ロコモコ」です!

神戸ビーフのプレイアムロコモコは、2種類あります。パテが2つのディッシュとパテが1つの丼ぶりです。仲間とワイワイ食べるときは、大きいお皿をシェアするのがいいですね。もちろん、お味は言うことなしです!美味しかった!

他の料理も美味しいですよ!それに、午後4時〜6時の間は、ハッピーアワーもあります!

ベストロコモコ、食べてみてくださいね!

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -