バナンがロイヤルハワイアンセンターにオープン!ワイキキ店限定メニューも登場のアイキャッチ画像

バナンがロイヤルハワイアンセンターにオープン!ワイキキ店限定メニューも登場

ハワイ産のバナナを使った乳製品不使用のヘルシーなスイーツのバナンが、ロイヤルハワイアンセンターC館1階のビーチアクセスにオープンした。

ハワイプレス編集部7,537

2017 06.10

記事一覧を見る

バナンがロイヤルハワイアンセンターにオープン!ワイキキ店限定メニューも登場

ハワイ産のバナナを使った乳製品不使用のヘルシーなスイーツの 「バナン( Banán)」がロイヤル・ハワイアン・センターC館1階のビーチアクセスにオープンした。

半分にカットしたパパイヤの器に特製のバナナソフトクリームとフルーツ、キヌアパフ、ココナッツとはちみつなどをトッピングした「パパイヤボート」が人気のバナン。

ソフトクリームの原料となるバナナをはじめ、パイナップル、マンゴ、パパイヤ、カカオやシナモン、はちみつなど、材料のほとんどにハワイ産のものを使用。芳醇な味わいのマカダミアナッツハニーバターは自家製で毎朝手作りされている。

パパイヤボート

ワイキキ店限定メニューが登場

2014年12月にオープンしたモンサラット通りのフードトラック、ユニバーシティアベニュー店に続く3号店となるワイキキ店では、ココナッツボウルに入ったワイキキ店限定の新メニュー「ザ・デュークス」を提供する。

バナン共同創始者の一人マット氏とワイキキ店限定の新メニュー「ザ・デュークス」

バナン・ワイキキ店のメニュー

メニューには、定番の「オリジナル」のほか、アサイソフトクリームを使った人気メニューの「アマゾン」、バナナソフトクリーム、自家製マカダミアナッツハニーバター、ダークチョコレート、グラノーラ、ココナッツをのせた「チャンカデリック」や、3度の世界チャンピオンに輝いた女性サーファー、カリッサ・ムーアさんにちなんだバナナ&アサイのミックスフレーバーの 「リス・ムーア」など。

  • 「ザ・オリジナル」
    バナナソフトクリーム、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、キヌアパフ、ココナッツ、はちみつ
  • 「リス・ムーア」
    バナナ&アサイソフトクリーム、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、グラノーラ、キヌアパフ、ココナッツ、はちみつ
  • 「チャンカデリック」
    バナナソフトクリーム、自家製マカダミアナッツハニーバター、ダークチョコレート、グラノーラ、ココナッツ
  • 「グアバジャム」
    バナナソフトクリーム、グアバジャム、パイナップル、ストロベリー、ココナッツ
  • 「ザ・アマゾン」
    アサイソフトクリーム、ストロベリー、バナナ、グラノーラ、キヌアパフ、はちみつ
  • 「ザ・デューク」※ワイキキ店限定
    バナナ&アサイソフトクリーム、パパイヤ、パイナップル、ストロベリー、ココナッツ、はちみつ ココナッツボウル入り

各デザートの容器は、カップ($7)、ボウル($12)、パパイヤボート($10)から選べ、キヌアパフ、グラノーラ、ココナッツ、バナナ、プロポリス、餅、マカダミアナッツなど好みのトッピングを追加して自分だけのバナンを注文できる。

バナンでは、スイーツのほかアサイサンライズ、抹茶ドリーム、マナ、チョコレートマック、プールサイド、オレナバングなどのヘルシーなスムージーやコールドブリューコーヒーとラテ、ウコンとコンブチャをブレンドしたターメリックジュースなども扱う。バナンは、午前9時から午後7時まで毎日営業。

体と環境にいいものをモットーに

ハワイ育ちでプナホウ高校時代からの友人4名、マット・ホン氏、ザック・バリー氏、ルーク・ウンターマン氏、ギャレン・マックリアリー氏のビジネスアイディアから生まれたバナン。

共同創始者の一人のマット氏は、「バナンのバナナは全てハワイ産のものを使用しています。その他の果物や野菜やスパイスもできるだけ地元で採れたものを取り入れています。より楽しく、体と環境にいいものをモットーに、地元の新鮮な食材を使った質の高いデザートをリーズナブルに提供することで、環境と経済の両方でサステイナブルなビジネスを目指しています」と語っている。

Banán (バナン)、場所:C館1階ビーチアクセス(ザ・チーズケーキ・ファクトリー裏、サーフボードラックのある通り右手)、営業時間:9:00 – 19:00、定休日:年中無休、公式サイト:www.bananbowls.com

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -