レナーズが一時閉店、ハワイのマラサダ名物店 営業再開の目処立たずのアイキャッチ画像

レナーズが一時閉店、ハワイのマラサダ名物店 営業再開の目処立たず

ハワイのマラサダ名物店であるレナーズベーカリーカパフル店が一時閉店した。閉店の理由はガス漏れによるもので、現在営業再開の目処は立っていない。

ハワイプレス編集部17,728

2017 01.11

記事一覧を見る

レナーズが一時閉店、ハワイのマラサダ名物店 営業再開の目処立たず

カパフル通りにある人気マラサダ店として知られるレナーズベーカリーが9日(現地時間)、突如閉店した。

当日、通常通り営業をしていたが、午後になりスタッフの一人がガス漏れの異臭に気づいた。すぐに消防を呼び、7人ほどいたスタッフと、マラサダを求めて行列に並んでいた客の約20人が避難し、店舗は閉鎖された。

駆けつけた消防士によると、施設の内部からガス漏れが発生していたとのことで、ケガ人や体調不良を訴える人はいなかった。

施設内部で天然ガスが漏れていたとのことで、レナーズベーカリーの閉店は長期に渡る見込み。

この件を受け、レナーズの公式 Facebook ページでは、ファンに向け一時閉店を知らせた。

以下、フェイスブックページによるお知らせの日本語訳

このたびはご不便をおかけして申し訳ございません。レナーズベーカリーはしばらくの間、閉店することをお知らせいたします。

また、今回の閉店は施設内部の問題によるもので、現在営業再開の見込みはたっておりません。

このたびのご迷惑を改めて謝罪申し上げます。

レナーズスタッフ

なお、ワイパフにあるワゴンは通常通り営業を続ける。

2017 1.11 09:17 追記:さきほど、レナーズカパフル店の営業停止は1日だけになるとFacebookページにて発表、明日より通常通り営業される。

参考:Facebookページ

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -