ハワイで野生のイルカと泳げる理由のアイキャッチ画像

ハワイで野生のイルカと泳げる理由

イルカは愛嬌があってとても可愛らしいですが、それだけでなくイルカという生き物のこと、イルカが暮らす環境のこともドルフィン&ユーのツアーを通してみなさんに感じていただきたいと思っています。

ドルフィン&ユー2,131

2018 10.01

記事一覧を見る

ハワイで野生のイルカと泳げる理由

アロハ〜、ドルフィン&ユー、スタツフのゆいです。

今日は、ハワイのイルカ達について、少し書きたいと思います。イルカは愛嬌があってとても可愛らしいですが、それだけでなくイルカという生き物のこと、イルカが暮らす環境のこともドルフィン&ユーのツアーを通してみなさんに感じていただきたいと思っています。

ハワイの豊かな海に住むイルカ達

オアフ島ウエストサイドで、最も見られるイルカは、ハシナガイルカという種類です。英語名はLong Snouted Spinner Dolphin といいます。このイルカ達は、ハワイ諸島の周りに住み着いているため、研究者達から、Hawaiian Spinner Dolphin (ハワイのイルカ達)と呼ばれていたりします。ここに住み着いている理由は、ハワイの海が豊かだからと言われています。

ここに住むハシナガイルカは、日中、海岸沿いで群れをなして泳いでいます。イルカたちはここで何をしているかというと、睡眠をとったり、休憩したり、遊んだりしているんです。日中、海岸沿いにやってくるのは、天敵のサメから身を守るためと言われています。そして、夕方になると、沖の方へご飯を探しに狩にに出かけます。夜は、サメにイルカは見えにくからです。イルカたちは、エコロケーションという超音波を使ったコミュニケーションをすることができるので、暗くても仲間同士でコンタクトを取り合うことができます。また、このエコロケーションを使って、イカや小型の魚を獲って食べます。

こんな風に豊かな海に住むイルカ達は、わざわざ遠くまで餌を探しにいく必要がなく、毎日のルーティーンを決めることができるんですね。そして、私たちは、毎日のようにイルカ達に会えるという訳です。

ハワイのイルカはジャンプが得意

スピナードルフィンは、その名の通り、イルカの中でも、曲芸的なジャンプがとても得意な種類のイルカです。ドルフィン&ユー野生のイルカと泳ぐツアーでも、スピンジャンプをしているハシナガイルカをよく見かけます。1秒間に4回転もできちゃうんだそうです。

このハシナガイルカは、細長いくちばしとスリムな体つきが特徴で、特にハワイアンスピナードルフィン達は、黒/ グレー/ 白とはっきりしたカラー配色のボディーをしています。赤ちゃんイルカは、体長70-85 ㎝、大人のイルカは1.3-2.1m、体重45-75kg。群れの規模は、5-200頭といわれ、時には群れが集まり大規模になります。

イルカの睡眠について

ところで、イルカはどうやって眠るのでしょうか?イルカの眠りは人間の眠りと異なります。人間は無意識に呼吸をしますが、イルカは呼吸をする為に海面にあがってこないといけないので、寝ている間も意識的に呼吸をしなければなりません。なので、イルカは脳を半分休ませ、半分働かせながら寝ているといわれています。眠りながらもゆっくり泳ぎ、海面にあがって呼吸をするわけです。

野生のイルカと泳ぐことは、とても楽しいし感動的です。イルカは私たち人間を癒してくれるとも言われています。イルカと泳いだ後は、究極のリラックス状態の時にでる脳波、シータ波がほとんどの人の脳から出ていると言われています。イルカの虜になってしまう人がたくさんいるのは、通常ではなかなか味わえない幸せを味わうことができるからかもしれませんね。

ただ、イルカと泳ぐ時は、私たち人間はイルカたちの住む環境にお邪魔していることに気づいて欲しいと思います。イルカたちが生活している空間に、人間が泳ぎにいくわけですから。イルカたちの暮らし、そして、自然とのバランスに謙虚な気持ち、感謝の気持ちでツアーに参加してくださいね。

こんな風にイルカ達を見守るように泳ぎます。ときどき、人間に興味を持ったイルカが近づいてくることもあります。

ドルフィン&ユー野生のイルカと泳ぐツアーの詳細はこちらから!

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -