キンケイズが閉店へ、ワードウェアハウスの閉鎖にともなうのアイキャッチ画像

キンケイズが閉店へ、ワードウェアハウスの閉鎖にともなう

アメリカンクラッシックダイニングの老舗キンケイズは、ワードウェアハウスの閉鎖に合わせて閉店することが明らかになった。

ハワイプレス編集部3,400

2017 02.18

記事一覧を見る

キンケイズが閉店へ、ワードウェアハウスの閉鎖にともなう

ワードウェアハウスの2階海側に位置する場所で40年以上にわたり営業を続けてきたステーキ&シーフードレストランの老舗キンケイズは、8月に予定されているワードウェアハウスの解体に合わせて閉鎖することが明らかになった。

細長くレイアウトされた店内は、どの席からも綺麗な景色を楽しめると観光客にも人気であった。料理では新鮮なシーフードや贅沢な厚切りのステーキメニューなどが人気で、ワインも豊富な種類を用意、ホノルルマガジンのベストバーにも選出されたことがある。

キンケイズ・フィッシュ・チョップ&ステーキ・ハウス

キンケイズを所有するレストラン・アンリミテッド社の最高経営責任者であるジム・アシュウェイラー氏は、「我々の現在の焦点は、何十年もわれわれと一緒にきた多くのチームメンバーを世話することである」と述べた。 「すべてのチームメンバーがこの困難な状況の影響を緩和するためのリソースを提供するため、Kincaidのホノルルの経営陣と調整しています。」とコメント。

詳細な閉店日は未定ではあるが、ほかの場所への移転などの予定もなく、8月に閉店となる。

未定であった閉店日は5月31日に決定。別の場所への移転は考えておらず、センターの閉店とともに40年の歴史にも幕が下ろされる事となる。

なお、レストラン・アンリミテッド社は、ワードセンターに所有するライアンズ・グリルについては、今後も営業を継続することを発表している。

参考: Kincaid’s Honolulu to close later this year with Ward Warehouse demolition

関連記事

ワードウェアハウスが8月に閉鎖を発表、42年の歴史に幕

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -