ハワイ諸島周辺、サンゴ礁の白化が深刻にのアイキャッチ画像

ハワイ諸島周辺、サンゴ礁の白化が深刻に

科学者の発表によると、ハワイのサンゴ礁の半分近くが2014年と2015年の温暖化の間に白化され、海岸近くの漁業が減少していることが明らかになった。

ハワイプレス編集部1,125

2017 11.10

記事一覧を見る

ハワイ諸島周辺、サンゴ礁の白化が深刻に

科学者の発表によると、ハワイのサンゴ礁の半分近くが2014年と2015年の温暖化の間に白化され、海岸近くの漁業が減少していることが明らかになった。また、ハワイ近海の生命にとってこのような危機的状況は前例のないことだとしている。

なお、ハワイ近海のそれぞれサンゴ礁の白化の程度は、ハワイ諸島が56%、西マウイ島で44%、オアフ島で32%とされている。また、これより状態は悪くなると予測されており、ハワイ海洋生物学研究所のクーレイ・ロジャーズ氏は、「2030年代には、30〜50%のサンゴがハワイで大規模な白化現象を起こすだろう」と語った。

海水温の上昇が今後も継続した場合には、最終的にサンゴ礁が死滅し、サンゴ礁の生態系の崩壊から漁獲量の減少などにつながると警鐘を鳴らしている。

参考記事:Scientists: Half of Hawaii’s coral reefs bleached in 2014-15

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -