ハワイの海に浮かぶ青い風船、カツオノエボシは危険クラゲのアイキャッチ画像

ハワイの海に浮かぶ青い風船、カツオノエボシは危険クラゲ

ハワイの海で時々見かけるクラゲ、カツオノエボシ。青い風船のような見た目の綺麗さとは反対に、人間を死に至らしめる事もある猛毒クラゲ。

ハワイプレス編集部5,526

2015 10.06

記事一覧を見る

ハワイの海に浮かぶ青い風船、カツオノエボシは危険クラゲ

カツオノエボシ

ハワイのような温暖な海に生息するカツオノエボシ。透き通った体に鮮やかな青色をした非常に綺麗な見た目に、クラゲとわからずついつい触ってしまう可能性もあるだけに、非常に危険。

温暖な気候のハワイでは満月から10日前後にクラゲが大量発生することが多く、ホノルルではほぼ毎月「クラゲ注意報」が発令される。日本で言うお盆のように、ハワイでは満月がクラゲ警戒の目安。

boxjellyfish1

カツオノエボシの注意を促す看板

日本ではカツオが到来する時期によくみかけることとその烏帽子のような見た目から、カツオノエボシと呼ばれるようになった。英語ではポルトガルの軍艦を意味する ” Portuguese Man O’ War ” と呼ばれる。

実はこの生き物、多くのヒドロ虫が集まって形成された集合体で一般的なクラゲとは違う。

数メートルにもなる触手に強力な毒をもち、刺されると強烈な電撃を受けたかのような激痛が走り、患部は腫れ上がり、その炎症は長時間続く。また、2度目はアナフィラキシーを起こすほどで、実際に死亡例もあるほど。

普段は沖合を漂っているが、風の強い日には砂浜に打ち上げられている事も良くあるので裸足でビーチを歩く時は要注意。

昔はそれほどみられなかったものの、カイルアビーチからハナウマベイまでハワイの至る所に。最近ではワイキキビーチにも出没し、刺されたケースもある。

次のページで続きを読む

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -