ハワイ諸島でサメが急増、被害に遭わないためにやるべき10のことのアイキャッチ画像

ハワイ諸島でサメが急増、被害に遭わないためにやるべき10のこと

ハワイ州当局は、この時期増加して活発なサメに細心の注意を払うよう呼びかけた。サメの被害に遭わないためにやるべき10のことを紹介。

ハワイプレス編集部7,405

2016 10.08

記事一覧を見る

ハワイ諸島でサメが急増、被害に遭わないためにやるべき10のこと

1980年から2015年までの約35年間、ハワイ諸島の近海で発生したサメの被害は122件ある。そのうちの約2割の26件が、10月に集中している。

10月、サメによる被害のリスクが高まる。

過去35年間のサメの被害の年平均件数は3.48件であるが、近年の10月のサメ被害件数を見ると、2012年が2件、2013年が3件、2014年が4件、2015年が3件と、年平均件数を10月だけで超えていた年もあるほど。

ハワイ諸島のサメは、この季節に活発になる──。

昨年10月に起きたサメの被害は全てオアフ島。そして、3つとも異なる海岸で起きている。

10月に出産シーズンを迎えるイタチザメ

最近の研究で、サメがこの季節にハワイ諸島近海で増加する理由が明らかになった。

10月に出産シーズンを迎えるイタチザメは、北西ハワイ諸島からハワイ州近海に移動する。このタイミングで人間の活動範囲まで近づいてくることが要因のひとつだと考えられている。

被害に遭わないためには、どうすればいいのか?

次に、サメの被害に遭わないためにやるべき10のことをまとめた。

次のページで続きを読む

MORE TOPICK?- 一緒に読まれている記事はこちら -

NEW ENTRY- ハワイの新着記事はこちら -